ポール・ウェラーというスタンダード

ポール・ウェラーのコンサートに行ってきました。
彼のライブには、来るたびに毎度行っていますが、最近はずっと自分の音楽世界に対して確信があってポール・ウェラー・スタイルを確立しているのが、聴いていて何とも気持ち良いです。
今日はオーディエンスのノリも良く(ちょっと年齢層は高めだったけど)、バンドもとても集中したテンションの高い音で、とても楽しかったです。彼はもう自分がスタンダードという唯一無二の存在になってしまっていますね。

遠目だったので、よく分からなかったのだけど、どうも白髪が増えているっぽかったのが、ちょっとショックといえばショック……。
「日本で初めて演奏したのが、26年前のこの場所だった」というコメントに、ちょっと月日の経過っぷりにクラクラ。一緒に行った友人は、その26年前のジャムのコンサートに行っているのです。私はスタカンの頃から彼のライブに行き始めたのですが、それでも最初に生ポールを観たのはかれこれ22年前。彼も自分も年をとるはずです。2時間立ちっぱなしのライブがもう辛い……。

とてもとても楽しく、陶酔できるライブでした。
[PR]
by gssy | 2006-03-29 23:13 | 音楽
<< むきーーーっっ! 掲示板スパム... 久々に音に耽溺。 >>